So-net無料ブログ作成
分離発注・建築総合監修マネジメント ブログトップ

サクッと地下室! [分離発注・建築総合監修マネジメント]

分離発注・建築総合監修マネジャーの小杉です。

昨日(8月7日)と本日(8月8日)とで地下室の掘削完了!

地下工事の手際の良さが美しい!

土は地質調査の通り「関東ローム層」。

地下湧水・伏流水は地盤面下6mの位置にあり、
そこまでの地層は一律にローム層なので極めて順調に掘り進める。

処分する土も水がないので「汚泥」にならない。
つまり、汚泥=産業廃棄物にならないから余分な残土処分費がかからない。

地下工事を安価に導くポイントは
こうした事前調査を踏まえて問題を予知し、
解決策を記録し、解決作業を指示・管理することだ。
(これを「設計」という)

また、仮に問題が起きたとしても「沈思黙考」。

工事費用の軽減策を講じつつ成す術をいくつも講じて答えを見つけていくことがソリューションとなる。

結果、正味2日で掘削完了し、砕石の転圧まで完了した。


image-20170809000549.png

image-20170809000617.png

image-20170809000643.png

image-20170809000702.png



nice!(1)  コメント(0) 

地鎮祭の準備完了 [分離発注・建築総合監修マネジメント]

分離発注・建築総合監修マネジャーの小杉です。

遅々として進まない、かつどこで進路変更するかもわからない
台風5号にはさすがにヒヤヒヤさせられた。

雨が降るのでは?

突風が吹くのでは?

とハラハラしながらも
準備はしなければならず、
決定をする端から心配になる。

とはいえ、お施主さまご家族をはじめ
ご来賓には記念に残る地鎮祭をと
細部に気を遣う。

場内の整地をして砂を敷き、
テントを張る準備をいそいそと。

先日の東電工事業者さんの
場内への侵入を規制すべく
杭とロープでエリアを確保した。

テントは風雨を避けて明朝の地鎮祭当日に
設営することにした。

用意万端!

あとは仕上げをご覧あれ!
image-20170808214227.png

image-20170808214236.png

nice!(0)  コメント(0) 
分離発注・建築総合監修マネジメント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます